低予算で自分好みのバッジを製作する方法

現在、バッジを製作したいと考えているのであればインターネットでの受注が主流となっています。ノベルティ会社が請け負っていることが多く、実際に店舗があるということはほとんどありません。どんなバッジを作りたいのか、どれくらい作りたいのかによってかかるコストも変わってくるので、まずはその点をしっかりと確認しなくてはいけません。例えばデザインです。パソコンのイラストや写真関係のソフトを使用することができれば、自分で考えたデザインを送りそれを基に作ってもらうことができます。データ入稿という形になり、最も低予算で作ることができます。パソコンがないという人は、手書きのデザイン画をファックスで入稿することが可能かどうかを一度確認してみるのも良いでしょう。同じ要領で制作してもらえる場合もあります。

イメージを伝えてオリジナルのバッジを製作する

しかし、どんな風にしたいかイメージは固まっているけれどデザイン画にすることが出来ないという場合もあるでしょう。ホームページを見れば様々なデザインを選ぶことも出来ますが、それでは自分好みというわけにはなかなかいきません。その場合デザイン費としてのコストは多少かかりますが、自分のイメージを伝えることで製作会社側が形にしてくれることもあります。ほとんどの場合が手書きからデザインを起こすのは有料となってしまいますが、テンプレートでは満足できない場合には大変嬉しいサービスとなります。簡単なデザインの場合はサービスとしてやってもらえる場合もあるので、相談してみるのも良いかもしれません。他にもオリジナルのデザインだけでなく、写真を使ってバッジを製作したい人には携帯のアプリを使うこともできます。

バッジを製作するうえで大切なこと

かつては法人のグッズ展開やノベルティとしての受注がほとんどの製作会社でしたが、時代が変わるにつれて一般の人もオリジナルのバッジを作りたいという需要が高まりました。最近では同人誌販売のノベルティとして缶バッジを制作するなど個人のイベント販売ツールとしても欠かせないアイテムとなっています。その需要に答えるため少ないロット数の対応や納期の短縮など、製作会社もサービスの幅を広げています。他にも個人をターゲットにしたサービスを提供する会社も増えてきました。個人の敷居が低くなっている今、自分が何をどのような方法で数がどれくらいいつまでに必要か整理しておく必要があります。そして、このような個人向けの会社を探しておくことも自分が満足いく缶バッチを製作するのに大切なことになります。