初心者でも簡単にバッジを製作する方法

バッジは誰しもが一度は手にした事があると思います。幼少の頃に持っていたと思われるキャラクターデザインのものなどがそうです。正式には主に衣服の襟部分や胸部分に付けて、付けている方の立場を示すもので、所属・資格・職位・階級・経歴・功績等を図式化したデザインで表すものです。例えば、企業における社章などもその一つです。昔は自分好みのバッジを製作しようと思ってもなかなか近くにバッジ専門店などが無く、簡単に作る事が出来なかったのですが、最近はネットを利用すれば比較的容易にバッジの製作が出来る様になっております。やはり自分のデザインしたバッジを衣服やキャップ等に付けて出歩くと楽しい気分になりますし、何よりも自分がデザインしたものが形になる、と言う何とも言えない自己満足感があります。

オリジナルバッジの制作を考えている方へ

初めて自分のデザインしたオリジナルバッジの製作を考えている方向けにその簡単な手順をご説明します。まず初めにあなたが今回、何をバッジとして製作したいかです。例えば、ご自分の好きなキャラクターをバッジとして作りたい、好きなアーティストをバッジとして製作したい等です。当然、デザインが既に決まっていればそれを基にバッジを作れば、そんなに時間はかからないと思います。ここでは新たにご自分でデザインしたオリジナルバッジを作ると仮定したお話しをします。あなたがどんなものをバッジとして具現化しようとしているかをイメージします。そして、そのイメージしたものを次にデザイン化します。その後にデザイン化したものをどれくらいのサイズのバッジにしたいかを考えます。ちなみにお値段は一般的なサイズのバッジであれば、ネットで見てみると1個何十円から作成可となっています。

バッジ制作をお願いする手順について

ネットでバッジ製作と検索すると様々な会社名がアップされており、おそらくどこに依頼しようかと迷われるかと思います。その際に決め手の一つになるのは価格と思われますが、それと同時にバッジとして出来上がってきた時にどれだけあなたのイメージしたものにより近づいているかが重要になります。各社サイトに過去の商品例等の画像がアップされている事は多くあり、それらを参考にされるのも一つの手だと思います。ちなみに価格については勿論、複数の見積りを取る事をお薦めします。その中から予算に合った会社からお話しを進めますが、その際にA社だけではなく、B社ともお話しを進める事をして下さい。A社でスムーズにそして納得のいく品物が手に届けば何の問題もありませんが、お話しで想定したイメージと違うな、とか話しが伝わらない、等の行き違いが起こる事があるからです。そんな予期せぬアクシデントを最小限に防ぐ為にもお薦めします。